リ/ハビリテーション掲示板

"リハビリテーション" と正確な用語法や、"リハ" の略称、"Rehab" の略称を使用して下さい。
WHO 定義に準拠し、子供のハビリテーション (療育) もお忘れなく。


[50] RE:When a severely handicapped patient sits up, from affected side is impossible at all Name:ErgoD.org MAIL Date:2017/06/26(月) 10:53
2. 重度の患者さんが起き上がる時、患側から起き上がるのはほとんどできないと言って良い。

従って、仕方がなく、健側(非麻痺側)から起き上がりを指導するのが一般的。

この場合(重度の場合)も、下部腹筋や骨盤周囲を、患者さん自身が、しっかり使う目的で、あえて不可能な麻痺側からの起き上がりを、そして患側への体重付加を(訓練として)指導する場合も多い。

When patients stand up, they always pull the sound foot back and bare their weight onto the sound leg and therefore strengthen sound leg. Baring weight onto the sound side is often their habitual pattern, then breaking up this pattern is very important. 立ち上がり時にも似たような健側強化のパターンが見られる。

習慣的なパターンからの脱却を常に、常に意識する必要があるので、あえて常識とは反対のパターンについて、書いたのが前記です。ご理解下さい。最初書いた事に付け加えて、患側をしっかり使えるように、立ち上がり時に患側に体重付加するように常に患側を後ろに引き、療法士が膝上から強くプッシュすることも積極的に指導した方が良いでしょう。

階段昇降も同様の考え方。 )



スレッド記事表示 No.42 おつかれさまですm(._.)m PT実習生 2012/02/29(水) 21:47 [ 返信 Reply ]
   ┣No.43 Re: When a person with hemiplegia sits up...  ErgoD.org 2012/02/29(水) 22:35
   ┗No.50 RE:When a severely handicapped patient sits up, from affected side is impossible at all ErgoD.org 2017/06/26(月) 10:53

  



Facebook   Twitter   Linked in  © PEACE Ashram  © Holistic Approach


無料レンタル掲示板・日記・ブログ WebSpace