リ/ハビリテーション掲示板

"リハビリテーション" と正確な用語法や、"リハ" の略称、"Rehab" の略称を使用して下さい。
WHO 定義に準拠し、子供のハビリテーション (療育) もお忘れなく。


[32] RE:トイレ便座高と、機能的下腿長 Name:Tamaki Date:2011/08/27(土) 13:25

2010/01/01(金) 16:05:13


「老健から病院へ送ると、病気は治って帰られるが、オムツを着けてトイレ独立できないで帰ってこられる。」
介護職員の方が、看護婦よりも生活をよく見ている。

ポータブルトイレは、日本の病院で20世紀に使われてきた標準は、
卵型、低い プラスチック製で、良く探せば今でも見つかるであろう。

病院看護は、病気を治療すれば良く、生活は見ないでも済む。

老人病院といえど、トイレ独立できなければ オムツを着けて転がしておけば済むという看護法は常識的であった。

「オムツ外し学会」(生活リハビリ研究所)も、「便意優先の法則」もそれまでの常識を打ち破った点でインパクトがあったといえよう。

ADL や、(病棟で訓練というのでなく) 機能を実際の生活場面で見てきた療法士には、共感はあっても目新しい考え方ではない。歩行の再獲得はまずトイレ動作に結びついているので、生活を見る療法士ならばトイレ動作に悩んで当然。



ToTo トイレ専門メーカーによる「身障トイレ規格」の立派に製本された規格集をある研修会で見た。

"安かろう低かろう"で最低の規格で
36 Cm 便座高が載っていて、即座に私はかみついた。

実際に個室の便座に 36 Cm が採用されていて(予算をケチったのだろう)困ったのは、
機能的にはオムツが外れそうなのに「トイレで立ち上がりに困るからもう少しオムツにしてて」と懇願され、遅らせた経験からである。便座高計ったらそれであった。

ToTo の研究なるものは、予算の上下を格付けするためのものか?便座高研究の妥当性はあるのか?

我が家のウォシュレット(TM)便座高は 39 Cm 膝関節症の母、身長 150 Cm 短足胴長で(下腿長は短い)あったが体力弱った時に立ち上がりにくいと訴えた。これでは、基本の便座高低くて、手すりが必要になる。家屋改造費は出る。便座を高くする改造は高額につく。これほどの破格を買わされるのが日本の消費者である。

ToTo など儲け主義メーカーには任せられない。療法士が声を上げねばならない。



スレッド記事表示 No.31 トイレ便座高と、機能的下腿長 Tamaki 2011/08/27(土) 13:20 [ 返信 Reply ]
   ┣No.32 RE:トイレ便座高と、機能的下腿長 Tamaki 2011/08/27(土) 13:25
   ┣No.33 RE:トイレ便座高と、機能的下腿長 Tamaki 2011/08/27(土) 13:32
   ┣No.34 RE: ケン 2011/08/27(土) 13:35
   ┗No.35 RE:トイレ便座高と、機能的下腿長 Tamaki 2011/08/27(土) 13:40

  



Facebook   Twitter   Linked in  © PEACE Ashram  © Holistic Approach


無料レンタル掲示板・日記・ブログ WebSpace